SA-Wシリーズの脆弱性情報です

細工されたARPパケットの受信によりメモリリークが発生する脆弱性
影響:あり
報告日:2017/01/31
概要

細工されたARPパケットの受信によりメモリリークが発生する脆弱性があります。

SA-Wシリーズへの影響度

あり

該当機種
MODELModule Version
SA-W11.00 - 3.30
SA-W2 2.00 - 3.30
SA-Wシリーズへの影響内容

ARPパケット受信処理の一部に問題があり、同一ネットワークの機器から細工されたARPメッセージを受信すると、メモリリークが発生する脆弱性があります。

これにより同一ネットワーク内の攻撃者からサービス運用妨害(DoS)を受ける可能性があります。

SA-Wシリーズにおける対応

本脆弱性を修正したモジュールをリリースしました。

下記のバージョン以降のモジュールへの早急な変更を推奨します。

MODELModule Version
SA-W13.31
SA-W2 3.31
設定による回避策

なし