無線LAN製品使用時におけるセキュリティに関する注意

無線LANでは、LANケーブルを使用する代わりに、電波を利用してパソコン等と無線LANアクセスポイント間で情報のやり取りを行うため、電波の届く範囲であれば自由にLAN接続が可能で あるという利点があります。その反面、電波はある範囲内であれば障害物(壁等)を越えてすべての場所に届くため、セキュ リティに関する設定を行っていない場合、以下のような問題が発生する可能性があります。
通信内容を盗み見られる
悪意ある第三者が電波を故意に傍受し、IDやパスワード又はクレジットカード番号等の個人情報や、メールの内容等の通信内容を盗み見られる可能性があります。
不正に侵入される
悪意ある第三者によって次のような行為をされてしまう可能性があります。
  • 無断で個人や会社内のネットワークへアクセスし、個人情報や機密情報 を取り出す(情報漏洩)
  • 特定の人物になりすまして通信し、不正な情報を流す(なりすまし)
  • 傍受した通信内容を書き換えて発信する(改ざん)
  • コンピューターウィルスなどを流しデータやシステムを破壊する(破壊)
本来、無線LAN製品はこれらの問題に対応するためのセキュリティの仕組みを持っていますので、セキュリティに関する設定を行って製品を使用することで、上記問題が発生する可能性は少なくなります。

セキュリティに関する設定を行わないで使用した場合の問題を充分理解した上 で、お客様自身の判断と責任においてセキュリティに関する設定を行い、製品を使用するこ とをお奨めします。

社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)「無線LANのセキュリティに関するガイドライン」より